スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
一泊二日の土佐日記・旅立ち編
高知は「河中」(河内)と書かれていた時代があった。
高知城が築城されてから現在まで、この地に幾多の台風が爪跡を残してきたであろうか。近頃は雨量も少なく、これといった台風も来ないが、昔から土佐の国は、強雨と台風の多い地であることが知られている。季節の雨は地面に叩き付けるかのように降り、台風雨となれば、まるでドラム缶を逆さにしたように一度に降り落ちる(前田秀徳著・龍馬からのメッセージより抜粋)。

予想以上の猛威を奮った台風12号でしたが、出発の前日に四国を通過。幸い欠航もなく、高知へ出発です。

2011-09-04 10_02No[0007]

さすがにローカル線で機体が小さく、直近で撮影できました。

2011-09-04 09_04No[0001]

搭乗中のジョニー・デップ。
ではなく。

順調に出発しているように見えますが、飛行機に乗るのは久しぶり。せっかく手荷物検査をしてもらったのに、カウンターで預けないまま、機内持ち込みの手荷物検査場へそのまま持って行っての赤っ恥。

2011-09-04 10_20No[0019]

高知龍馬空港着。

高知は意外なほど台風の被害がなくて驚きました。
これは空港付近だけでなく、二日間の滞在を通じて。
台風が真上を通ったはずですが。
コースが良かったのか運のいい結果。
まずはホッとひと安心。(つづく)
スポンサーサイト
【 2011/09/08 19:30 】

一泊二日の土佐日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<一泊二日の土佐日記・濁ってないよね編 | ホーム | 一泊二日の土佐日記・前日編>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://harapekosanpomiti.blog94.fc2.com/tb.php/319-265c39b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。