スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
一泊二日の土佐日記・前日編
旅にでると話題が急に多くなります。
旅費もかかったことだし、できるだけ薄く延ばしてブログネタにして元をとっていこうと思います。

というわけで、高知に行く前日から始めます。

P1070558.jpg
【猿田彦神社のお守り】

出発の前日、ちょうど運良く猿田彦神社の前を通る用がありましたので、お参りしました。猿田彦神は、道案内の神さま(交通安全・方位除け)です。旅にピッタリ!

あまり信心深くない性格ですので、以前は気にも留めていなかったのですが、今年の6月くらいに変な夢を見てしまい、それ以来無視ができなくなりました。

その夢はですね、山の中を数人で徒歩で登っているところから始まるのですが、その行き先が猿田彦の社ということで、私は一行に混ざって、なぜか一日に2回登ってお参りをします。行く先は断崖絶壁、いかにもなパワースポット。

2回目のお参りが済んで、下山中にお参りしたいという人とすれ違います。で、その人は道を尋ねてきますが、一行は、もう日が暮れてきているのでやめたほうがいいよと言っているのですが、どうしても行きたいと。

そこで、私が物好きにも一日に2回も登って道を憶えているから、一緒に行きましょうといって、夕闇の中を3回目のお参りに向かい、無事到着。崖の向こうでは、暗闇の中に雷光がいくつも走っています。「へぇ~、夜はこうなっているのか」と私が思ったところで夢は終わりです。

私は商売の神さまの十日恵比寿と、この猿田彦神をそれまで混同していたくらい、神社にお参りするような人間ではなく、実際、夢を見終わった後は、「おっ商売の神さまの夢を見ちゃった。縁起がいいなぁ」としっかり十日恵比寿と間違えて、2~3日ほくそ笑んでおりました。

まあ、結局こういった夢を見ると何か気になりますので、参拝くらいはしないと気持ちが悪く、神社の前を通るとお参りするようになり、お店にもお守りを。

今回の旅は、かなりラッキーなことが続いたので、ご利益があったかもしれません。ただ、生来の方向音痴はなかなかのもので、高知市内で熱中症ぎりぎりになるまで徒歩で彷徨うことになりました(つづく)。

スポンサーサイト
【 2011/09/07 19:42 】

一泊二日の土佐日記 | コメント(3) | トラックバック(0) |
<<一泊二日の土佐日記・旅立ち編 | ホーム | 高知、土佐天空の郷に行ってきましたよ!>>
コメント
--- 管理人のみ閲覧できます ---

このコメントは管理人のみ閲覧できます
* [編集] 【 2011/09/07 22:21 】
--- ---

続きが楽しみデス!(^'^)
こめこめ * URL [編集] 【 2011/09/07 22:26 】
--- ---

こめこめさん、ありがとうございます。
道中はお世話になりました。

一泊二日をなるだけ薄く延ばした土佐日記です。いつ完結するか分かりませんが、よろしくお願い致します。
若旦那 * URL [編集] 【 2011/09/08 18:38 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://harapekosanpomiti.blog94.fc2.com/tb.php/318-bb27ffd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。