スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
ダイオキシン騒動はやっぱり間違いだったと
今日、福島県の学校での被曝線量を年間1mSv以下に設定することを文部科学省が決定したようですね。これはグッドニュース。というかホッとしました。やっとかと。

前回のエントリーで損失余命の話題になりましたが、0~9歳児が年間10mSv被曝した場合、十数日から30日の損失にあたり、受動喫煙の損失余命120日のおよそ4分の1くらいの値ということでしたから、今までの年間20mSv以下という基準は、ちょっと子供にとって過酷な条件過ぎたことがよく分かります。今更ながら。

年間20mSvですと、受動喫煙のおよそ半年ぶん以上(個人的に線量が高いほど影響が膨らむとみています)のリスクと想像できます。これは、学校という空間では、許されるようなレベルではないでしょう。これが認められると、先生が授業時間中、目一杯煙草を吸ってていいことになります。

前回のエントリーで私が怒っている旨を書きましたが、それはダイオキシン対策が今現在裏目にでているのではないかという危惧からきています。

ダイオキシンの危険性がそれほどでもなかったことは、今はわりと知られていると思います。もし、ご存知ない方は、こちら(↓)をご覧ください。

http://homepage.mac.com/saito_sy/religion/H1511STdioxin.html
【斎藤吉久Webサイト 愚かしいダイオキシン「過剰規制」】

書籍でしたら、こちらなどオススメです。

P1060784.jpg

上段左:『定説だって嘘だらけ (日垣隆著・WAC)』 
上段右:『常識は嘘だらけ (日垣隆著・WAC)』
下段左:『環境問題はなぜウソがまかり通るのか (武田邦彦著・洋泉社)』
下段右:『環境リスク学 (中西準子著・日本評論社)』

それぞれ非常に面白い本なので、オススメです。

ざっとダイオキシンの毒性の低さを表現すると、ダイオキシンを含んだ除草剤が1960年から1980年くらいまで日本の水田で使用されていて、その量はベトナム戦争時の枯葉剤の8倍で、そのダイオキシンを含んだお米を日本人は食べていて、今日の長寿大国を作っています(普通ものを燃やせば、ダイオキシンは発生するので、数億年前からある物質です。ステーキや焼魚、野菜炒めにも入っています)。

もちろん、ダイオキシンといえども人体に悪影響はあります。けれど、それが例えばおろしワサビやおろし大根の毒性より強いかといえば、そうじゃなく。

今日、全国の焼却炉がダイオキシン対策のために800度以上の高温でゴミを焼いています。これは一部の重金属を気化させる温度です。分別された可燃ごみといっても、やっぱり闇鍋状態でしょうから、金属類が混ざっていることは多々あるでしょう。

前述の日垣隆さんは以前から、『ダイオキシン対策のために、大型焼却炉を小型化して、今度は亜鉛やセレンなどの有害なものがいっぱい降ってくるような状況になってしまう。とにかくダイオキシンだけ退治すれば良いというように極端な形で動いてしまっていますね。(2007年7月27日メルマガ247号より引用)』と、過剰なダイオキシン対策が別の危険を増大させていることを指摘されていました。

亜鉛は、気化する温度(沸点)が907度、セレンは685度です。そして震災以来もっとも注目されている放射性物質のセシウムの沸点は671度。明らかにダイオキシン対策は失敗に終わったと思います。アホかと。

もちろん、焼却炉には高効率のフィルターなどの設備はありますが、それでも漏れることは漏れるでしょうし、何より放射性セシウム137は半減期が約30年、このままであれば、物が集まる都市部であればあるほど、年々汚染は濃くなっていくでしょうから、30年の半減期に何か意味が?という状況になりかねないなと危惧しています。

毎年10年以上、600億から1800億円の税金を投入して、ダイオキシン対策用の焼却炉を全国で揃えていったわけですが、まさかの展開です。

ただ、唯一救いがあるのは、燃焼温度を下げることができれば、放射性セシウムの気化を防ぐことが出来ます。そのことによってダイオキシンが発生しても、リスクは極小という事実です。ただ現在の法律では、800度以上で燃やさないといけません。法改正は急務。政府は不測の事態ということで対処してくれたらいいのですが。

現在、焼却灰の処理が非常に困難になっていますが、気化したものよりもコントロールはしやすいかと。ダイオキシンのリスクを限りなくゼロにすることに躍起になった結果がこういう事態を生んでいることを、受け止める必要はあると思います。

こういったことは、鳥インフルエンザ騒動でもあって、鳥のインフルエンザなんて昔からあって人間に感染する率はほぼゼロに等しいのに現在の状況があります。渡り鳥の鴨などは鳥インフルエンザの常時保菌鳥ですが、昔の日本人はその鴨を食べることでウイルスの免疫をつけてきた事実もあるそうです。

毎年、お店で販売している田主丸の古賀さんの合鴨米ですが、23年産は販売できません。合鴨の鳥インフルエンザの罹患と騒動を心配して、今年は除草や防虫をご自身でされています。無農薬栽培のために。もちろん、ご自身も鳥インフルエンザの実質の危険性の低さは承知で、です。

おそらく、田畝の雑草は年々多くなっていくと思います。それなのに栽培している古賀さんは毎年、年をとっていくわけです。それを思うと非常に悔しい思いになります。ただ、古賀さんもプロですし、どちらかというと他の栽培方法にチャレンジしてみたそうな気配を去年から醸しだしていましたので、それが救い。これからも応援していきます。

鳥インフルエンザの危険性を重要視するあまり、無農薬栽培の中でも非常に有効でさまざまなメリット(安全面や教育面など)をもたらす合鴨栽培が目の前から消えていくのを目の当たりにしてしまったことは、忘れないようにしたいと思っています。

たいしたことない危険性を過大視するあまり別の危険性が増大したり、何か大切なものを失ったりすることに直面して、少々落ち込み気味になるのですが、そんなときにお店のFAX機に、「放射能検査しませんか?一件あたりニ万五千円!」といった勧誘ビラがピーッとやってきたりします。アホかと。九州の米屋宛ですよ。

もはや病気レベルかもしれません。それはそれでメリットもあるのでしょうが、年々デメリットの方が目立っている気がします。

今回は暗い話題になりました。明日はできるだけ明るい話題にしたいなと思っています。

スポンサーサイト
【 2011/08/26 22:18 】

震災と原発関連 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<ズッコケました | ホーム | 上手く説明できるか分かりませんが>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://harapekosanpomiti.blog94.fc2.com/tb.php/310-f19a6c8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。